智慧の言葉
 
在世の生けるメシア 1/4 米 、ハワイ 一九九四年九月三日   
Download    

皆さんは大勢で 私は一人だから 勝てません いつも大きな声で 長く「叫んで」いたら たぶん 私は来ざるを得ません 実際私は 来るように 仕向けられたのです 行きたくなかったけど どこに行きたいか 分らず どこにも 行きたくないのですが 時々 神がワナを 仕掛けてきます 神は時々 大きな 重要な行事を設け 例えば 誰かが私を 招待したと言います  それで来たのです すでにハワイに 来ていたので 二、三日滞在します

常に何かのワナに 掛けられ どこかに 長く居すぎると・・・ 例えば 好きだったら どこかが気に入れば 太陽や 風か何か すると突然 病気になります 何かで私はどこかに 追いやられます 私を どこにも居させません やっと理解しました 何人かのスタッフには 言い続けています 「今 イエスの言葉が 分る」と言いました 「鳥でさえ巣があるが 神の子は頭を置く 所もない」と 不思議に思いました 皆はイエスを愛し 今 彼のために 彼らは大きな教会を 建てましたが  なぜ頭を置く 枕さえないのか たぶん彼は 一晩中 瞑想してたのです 分かりませんが ですが どこかに 長居できなくなって 以来 私は何かを 理解し始めました たぶん理解したと 思っても 確かでなく そうでないかも 私達は常に 自身の 考えや開悟を 非常に誇りに思います 突然 何も知らないと 理解するまで 何か質問は? 私に何かを聞く 必要がありますか マスター 瞑想のとき 観音をしている時 鳥が見ていたら 誰ですか (鳥です) 鳥ですか

鳥ですね 可愛そうな鳥 あなたの瞑想に 彼らに何ができますか それは大丈夫です (はい) 犬も大丈夫 犬 猫 鳥 すべて 人間以外なら 秘密ではありません それは秘密ではなく 閉め切った部屋や 公共の場では 布を使って 瞑想すべきというのは 秘密ではありません ただ 彼らが皆さんを 驚かすかもしれません 普通でない姿勢で 座っている皆さんを 見るからです 大抵の人々は 蓮華座のような姿勢の 座り方に慣れてるのでまたはこうして座り 目を閉じていると 寝ていると思います それは大丈夫です ですが 何か 他のことをすれば 違った印相だと 人々は怖がります 彼らを驚かしたくなく 皆さんも驚かされたく ありませんね 皆大丈夫です 長年瞑想しても 私に角は 生えていませんね 何も間違っていないし 副作用もありません でも人々は 慣れていないと 不安になり 時には 皆さんを 不安にもさせます

彼らはたぶん皆さんを どこかに連れて 行きたがるかも  そして頭痛かと思って 「ああ 頭痛ですか」と たとえ彼らを 納得させようとしても 難しいこともあります それだけ いいですね でも鳥は 不平を言いません 鳥は大丈夫です 時々 彼らは 頭の上に止まります

餌をやり続けていたら 沢山の鳥が やって来ました 今 彼らは 他の所に来ています もう一つの家に 食べに来ます 私が観音でも 観陽でも 何をしても 気にしません 彼らは気にしません 他には?可愛いですね 可愛い質問です 少し智慧を 使うべきです いつも どこかに 長く居すぎる時 何かが起きます

どこかに留まるのを 神は望みません 彼は私を押し出します それは 神でなく 実際は皆さんです 正直言って皆さんです 行く先々で どっかり 座ったまま 「マスターなぜ 来ないの」と言う以外 他に何もしません そんな感じです それから 皆さんは大勢で 私は一人だから 勝てません いつも大きな声で 長く「叫んで」いたら たぶん 私は来ざるを得ません でもあまり頻繁に 叫ばないで下さい 旅は好みません なぜか分りませんが たぶん 行き過ぎは 台無しにします 何か質問はありますか どうぞ 満足していますか はい ありがとう ございます マスター どう致しまして ありがとう あなたに祈るために 瞑想します はい 皆さんに できるのは全世界の ために祈ることです 私達には面倒がある ようですから 世界中の沢山の 透視能力者の 予測した通り 例えば 米国の有名な ケーシーなどです だから 祈って 瞑想すべきです あまり時間は ありません 決して時間は 多くありません 私の言葉を信じて 欲しいです そう願っています 救えるものは 何でも救います 損傷したものは全て 神の意志でしょう 私達の世界は 多くの大変動を 変化を経験しました それは不可避です 私達は迷信深くて 世界が終わると 考えたり そのように言う 必要はありません 信じる必要はないです

必要ないです ある日 起きます または別の日か ね または終る必要がなく 時々 どこかが 破壊されたり 人々に不便をかけたり 多くの人々の命と 財産を破壊します これは迷信によるもの ではありません 世界は常に この地球の人々の 精神的な切望と 生活態度によって 変わります 時々変わります だから一番良いのは 神を敬うことです 今 すでに神と 繋がりがある 私達は大丈夫です 行き来をしても 留まろうが 神のもとに戻ろうが 大丈夫です 少なくとも恐れません 恐れがなくても 兄弟姉妹のために 時々 神の恩恵の為に 祈るべきです どうにか彼らがまだ 救われる場合に備えて 「どうか神様 急いで彼らに手段を」 また 地域社会にも 働きかけて 福音を広げます 神だけが彼らを 救えると話します 「神は私達を救う」は 神が常に 私達の 家を保護したり  体を守ったりする のでなく 神は後で 救ってくれるのです はかない全てのことが 去った後 神は永遠に 私達を救います 私達は永遠にいます 死後 死んだとは思いません 死んだとは思いません 冗談だと 人生を笑うでしょう なぜ もっと早く もっと簡単により良く 死ななかったのかと 疑問に思います より自由な雰囲気の 中で暮らします 死んでいるように 感じません この体を失うように 感じません いいえ 実際 多くの人々は 死後 まだ死んでいない 幻想を見ます 彼らはまだ 全ての従業員が 認めなくなるまで 仕事で歩き回ります 別の社長に お辞儀をして 妻は彼の存在さえ 気にかけず ベッドで他の人と 抱き合います それでショックを 受け始め 言います 「どうしたんだろう」 人々に話しかけても 返事がありません 何があったか 疑問に思い始めます 死んだように 感じないのです だから 死は幻想で 神話です 死と生には 何もありません

死なないからです 実は生れていません ただ幾つかの ここの道具に捕われ それから自分を スミス夫人とか ジョン氏であると思う そんな感じです 私達は至る所にいます 私達は 全宇宙です この体にはいません この体の小さな一部に 取り付けられている それだけ 電気が 電線などに閉じこめ られているようです 実際 電気は 電球ではありません これが電気です 意味が分りますか 単なる殻に 私達は 閉じこめられていて ただ 何かの 目的のために 時々それを使います それは構いません 娯楽です でも常に 楽しくはありません だから 結局 それを理解したら 永遠の楽しみのために 神を見つけたがります それから死後 ずっと間違っていたと 本当に理解します なぜこの粗末な所に 留まるのでしょう より自由な命を持ち より輝かしい 「天国にいる」と 呼ばれる自己表現の 方法があるというのに そうでしょう  アロハ マスター (アロハ) 今夜ここにいられて 大変光栄に思います ここに来られたのは 素敵な驚きで 感謝します 私の咳があなたの 印心の邪魔をしないか 心配です 私が咳を続けるのは 気になりますか 秩序を乱しますか どうしてですか そうかもと思いまして 印心のときは 咳止めを 飲んでみてください 印心があるなら 自分と他の人を 邪魔しない それだけ でも迷惑ではないです そうでないなら 独りで座っても結構 印心中に 尋ねて下さい  きっと独りか後ろで 座りたいとか そんな感じです それで大丈夫です ええ 私達は時々 咳をしますよね 

私が心配なのは 瞑想の二時間半の 要求です 印心後に感じてるのは 強くなるでしょうが 自分が得ているのか 疑っています 大丈夫です ゆっくり瞑想して ある日は 二十分ほど瞑想します そして したく なかったら 休憩して 後でもう三十分 そしてまた三十分後に します いいですか そして 規律を守りたいなら 規律を守りたいなら 一日 十分か五分 足してもいいでしょう ありがとうございます いいですね 瞑想はあなたが 考えているほど 難しくありませんよ ヨガ行者みたいに足を 組まなくていいですよ そういう姿勢は 怖がらせるでしょう 時々 彼らは このように座ります 人を怖がらせようと しているだけです 女王のように こう座るのです 簡単でしょう こう座るだけ または好きなように 変わった座り方でも 神の王国に 集中している限り どんな身体的な妨害も ありません いいですね 横にもなれますが あまり疲れていたら いびきをかきます 思うのですが 戒律を守るのが 困難な時があります 例えば 親のところに いて 親が菜食を しない場合です 恐らく 料理を 食べなかったら 誰かに失礼なことに なるかもしれません あら そうですか はい あなたが完全に百% 求めているのですか それをあなたが 求めているのですか 中途半端は駄目です (はい ありがとう)

半分の愛など 決してひかれないわ あなたの心が 私に百%でないのなら 分りますか 神を愛するなら 完全に愛するか否か 神は気にしません 無理をしないで 今 神を 愛したくないなら 後で愛すのです  いつでも でも百%ね 言っておきますが たとえ卵や肉や そう いったものを食べても まだ仏陀になれます わかりますか そいうことをしても 来られますが やはりやめるべきです あなたが言ったことに 比べて テストは 大変小さいものです

昔は マスターは これより 弟子を 厳しくテストしました 菜食だけです ジャガ芋を調理する時 ジャガ芋をつぶして 肉グレービーソースの 代わりに 野菜を グレービーに入れます 菜食グレービーを入れ お肉の代わりに 豆腐を入れます 違いは何ですか それだけ また 現在は 種類が色々あります 菜食のハムは 本物みたいな味ですし 菜食のステーキ 何でも菜食があって とても栄養があります 私達が地球を使い 果したのは 家畜や 動物を育てるからです 実際 これは 地球に貢献する 別の方法です すべてを知ってますね 想像できる以上に 本を読むことです 菜食に関して 世界の救い方について 環境愛と その類 すべてです また菜食は それらすべての 問いの答えです 地球は崩壊しつつあり 事実 私達は肉を 食べ過ぎるからです だから ほぼ そう言うべきでしょう 大体そんな感じです 皆さんは 私より 新聞を読みますよね 私よりもテレビを 見ます 私はテレビを見ません でも毎年 単に動物を育てるのに 英国と同じ大きさの 森林を伐採します だからいかに多くの 森が破壊されているか また これは 大気を変えます 分りますか 大気を変えて 雨を変えます だから 地球は暑くなってます それで多くの場所が 問題があります 洪水  それに干害です 長期間のです 覚えていますか アメリカでもです だから もしも 地球を救いたいなら 環境保護を 説きたいのなら 菜食をすべきです 他にすることは ありませんよね また それはただ 肉やそういったもの 一切に使用される すべてのワクチンや 水 浄水に比べれば 小さいです 私より知ってますよね

ええ 知っています 私は 皆さんが毎日 既に新聞や雑誌 テレビで目にした事を 説きたくはありません 思い出して下さい ほんの少量です でも肉食の弊害は 生命より大きいのです それだけでなく 大変多くの事があり 私達自身に有害です なぜ肉を食べない ことで人々の気分を 害するのか尋ねない のですか そんな徳と 美しい生き方をして 人の気分を害すると 心配する代わりにです 食卓に血はいらない いいですね 人々が殺生で気分を 害するのを気にすべき あなたは正しいことを しています なぜ人の 気分を害するのですか それは逆さまの質問です いいですね ほら私達のほとんどは とても弱いです 謙虚すぎて お人よしすぎて 時に この親切さが この弱さが あるいはこの謙虚さが 間違った所にあります 私達は正しい生き方を 提唱する者で あるべきです いかに人々が私達を 悪いように考えるかを 気にする代わりに 人々を高潔な神の道に 戻るよう導くのです 何か悪い事を したら  必ず懺悔し 悔悟して イエスか何かの前で 一日中跪くのです そうしたいならね でもあなたは正しい 分りますか 自分の良心と向き合い 「私は何も 悪いことはしていない 正しい事をしている だから正しいことを 守るべき」いいですね そうでないと 今修行しないなら きっと また 来世で生まれて またあなたに ビフテキをあげて 過剰に喜ぶ 友人や身内に会います いつ止めるのですか 常に正しい事をする のが不快に感じます これは厄介です 正しい事をするなら 決して恐れては いけません 神の前でもです

正しい事をしている時 恐れてはいけませんし 続く他の人のための ゆるぎない模範に なるべきです 世界全体が すでに悪い方向に 進んでいるからです あなたは唯一人 振り返り 正しい方向に進み そして今すぐにでも また戻って来ますが 人々はあなたに 続く方法を知りません

より多くの人が 正しい方向に向くほど 良いのです 狭い道は光へと 通じていますが その道に踏み入る人は 多くはありません 広くて楽なのは 破壊への道です でも大勢が進みます 自分の方向を選んで 他の人は したいようにさせる でもあなたの方向に 影響を及ぼさせない 勇気を持って下さい 私達は少数ですが 敗北は意味しません どのクラスを 教室を 見ても 素晴らしい子 知的な子はほんの僅か いいですね

自分の知性を下げる 必要はないですし 隣人を喜ばせるために 故意に間違えなくても いいのです

マスター あなたの 写真で「国連で ヒマラヤからの マスターが話す」 と言うのがあります

でも引っかかるのが 「ヒマラヤからの マスター」です 何が重要なのですか 分かりませんが 写真を持っています 誰が書いたのでしょう こういう質問が 頭に湧きました マスターが そこに居た時 周りは 男性だけだったのか 彼らから  どう見られたか 彼らの中でも賢い人の 一人でしたから 何が本当なのか 頭の中にあります 質問は あなたが今到達した 開悟のために行った ヒマラヤでは あなただけが 女性だったのですか または他にいましたか 第二の質問は 開悟のために 一緒にいた男性達と どのように 関わったのですか 私達はお互いに あまり会話をしません 想像して下さい ヒマラヤはこの部屋と 同じで 男性と 女性が一緒に 座っていて お互いを 気にしていると 思いますか 広大な地域です そう頻繁に 開悟を試みる 人には会いません たまに 見るぐらいです しかし 一緒に 集まった時は 彼らは私を大いに 尊敬してくれました 他に女性はいましたか マスター (沢山いました) 女性が沢山ですか 世界は 半分男性で 半分女性で 混ざっています どうしてヒマラヤで 女性を見つけることが できないのですか でもそんなに多いとは 思いませんでした 人の事を「誰が誰」と いって敬うべきとは 思いませんし 彼らも それを好みません 私達は皆 恐らく その方法を  見出すことに 忙しいでしょう 例えば今 私は 人ごみの中にいたり いなかったりします 私は常に 内面的な 事に従事していて 時に観衆の中にいても 一人だったり たいていは 神とだけ いると感じます 人々が私を忙しく させたり 連れ出して くれたりする以外 するとしばらく現実に 目覚めたり また 中に隠れたりします 他の女性はどう思うか わかりませんが 内面で没頭してます 他の事に没頭して いるとは感じません

全くです たとえ しても 食べたり 遊んだり そのようなことですが ただの「ついで」で 内心は 常にそうなのです というと 本質は 男性と女性が 努力して高く得る ものは同じだと あなたは そう言っている のですね ええ そうです ところで  女性は男性より 聡明でしょう 失礼 男性の皆さん 失礼 最新のリーダース ダイジェストを読めば あまり読みませんが この家に来ると 古くてボロボロのが あるのです 昨年版のものを 読んだのです 研究結果によると 科学的な研究ですが 女性は男性より 感情的で 男性より指導力が あるとあり 男性より知性があり 男性より 常識的であると 全てが良いのです 良い話です 良いニュースです そして女性は男性より 長生きし 男性より集中力があり 男性より よく見えるそうです その雑誌に よるとですよ 男性の皆さん どうか 出て行かないで下さい 皆さんに教えましょう これはアメリカ人の 研究で 私の 作り話ではありません これで説明がつきます 夫はいつも冷蔵庫に 立っていて  牛乳を見て こういうのです 「ハニー 牛乳は」と 女性はものを より細かく見ます しかも一目で 目の端でです すべてを見ています

男性は違います それを言ってるのです ですから  瞑想する場合  目の端で見た方が 男性より よく見える かもしれません 分かりませんが ここは男性社会です このように大声で話す ことはできませんが 尋ねられたので 他に 選択肢がありません 私は責められます 人々は無意味に 「女性は 仏陀になれない」 などと思います なぜ? 仏陀は皆 女性から生れるのに 他にどこから 生れるのですか その通りです 本当です 私達は仏陀に耐える 誇りがあります それに関して 仏陀の母親であるのは 悪くないですね 全ての知的な 男性の陰には 知的な 女性がいるのです 皆さん ご存知ですね 例えば 多くの 大統領の妻は 知的です 知っていますね 違いますか(いいえ) 例えば 誰らはまだ ヒラリーの知性を 議論しています 「彼女」がいないと 「彼」はいなかった  例えばの話です 分かりましたね 本当に それを 受け入れるべきです だから私は 男性が 女性を恐れることに 気が付いたのです 夫は妻を 恐れています 恐らく 彼らは 知的過ぎるのです しかし 抑えないと 夫が皆さんをもっと 愛してくれません 知的であっても 慎重にです 彼に見せないのです

彼のエゴを傷つけ 怒らせてしまいます 彼を怒らせます 彼を励まし もっと 特別になるように 努めるのです なぜ女性が男性より 知的なのかは 分かりません 皮肉にも 料理人など 高級ホテルの シェフや 成功しているシェフは 皆 男性です 恐らくそういう仕事は 女性向きでないのです 恐らく女性が国を治め 男性に料理を 作らせるべきなのです いえいえ 私に野望はないですよ ただの冗談です はい どうか すべてのお父さん ブラザー許して下さい どっちにしろ 恐らく 神がした事です 私には兄弟はいません 従兄弟は沢山います マリーと言います 初めまして マスター オーストラリアの シドニーから来ました 休暇ですか いいえ 違います 私達は マウイから 来ました セミナーの関係です そうですか ようこそ ありがとうございます 彼女もですか はい 一緒です (そして 他には) ええ 団体で 一緒に来ています 今日  来ました 会えて嬉しいです 質問があります あなたが話していた 神が「彼」である ことについてです 何ですか「彼」? では「彼女」ならいい? ええ 私にとって 神は男性で女性です 女の神 いいでしょう 私が「女」と言うと 男性は不満を言います 私が「彼」と言えば 女性が不満を言います

今 私は「女でも 男でもない神」と言い かなり長くかかります 面倒です ご存知ですね それはかまいません 語彙について議論する 必要はありません それはけっこうです つまり 私はそれを 分っていますが 他の人は知ってますか 彼らは本当に神が男女 両性である事実に 気づいていますか すると 実際に祈る時 「母なる父なる神」の ようになります 面倒ですね もし私が 神は「男でも 女でもない」と言うと 人は 多分神は同性愛 だと言うでしょう どうしますか ただ神様に祈る事です 「神様 あなたが誰で あろうと・・・」 神は知っています ね 私達には分らなくとも 神は知っています 神は神であるべきで 神は分っています 又は彼女は知ってます 彼 彼女は知ってます 心配しないで 問題ないです 実は 説明する必要は ありません 私は神を 解説はできませんが 多くの人が 古来 主に「彼」と言うので 人々を混乱させない為 それに従うのです 習慣的話し方としても 意味がわかりますか? さもなければ それは ただ言語の問題です 本当に私達の問題では ないです なぜなら 多くの動詞と名詞を 作って 多くの 問題を作るからです だからこうです「神様 貴方はそこにおいでで また私がここにいると 貴方はご存知 だから 誰であろうと助けて」  (有難うございます) どう致しまして
私達が地球を使い 果したのは 家畜や 動物を育てるからです 実際 これは 地球に貢献する 別の方法です すべて知ってますね 私の考えも及ばない程 多く本を読んでいます 菜食に関して 世界の救い方について 環境への愛や あらゆることです そして菜食は それらすべての 問いの答えです 地球は崩壊しつつあり 事実 私達は肉を 食べ過ぎるからです だから ほぼ そう言うべきです 大体そんな感じです 皆さん私より 新聞を読みますよね 私よりもテレビを 見ます 私はテレビを見ません でも毎年 単に動物を育てるのに 英国と同じ大きさの 森林を伐採します だから いかに多くの 森が破壊されているか またこれは 大気を変えます 分りますか 大気を変えて 雨を変えます だから地球は熱くなってます それで多くの場所に 問題があります 洪水  それに干害です 長期間のです 覚えていますか アメリカでもです だから もしも 地球を救いたいなら 環境保護を 説きたいのなら 菜食をすべきです

尊敬するマスター 私をここにいさせて 下さり 感謝します あなたは世界の 近づく破壊について 話されました 地球がどんどん 熱くなると仰いました 色々なことの一つ 熱です

私はただ事実を 話しています (はい) それはたった今 この 世界で続いています そうです そうです 準備するには物質的に 何ができますか たとえば あなたが 話した一つは 菜食になることですね 私達は物質的に 何ができますか 世界で起こりつつある このやってくる破壊に 備えるために 私達は 精神的には 何ができますか 止められるかどうか わかりません 私達は事実だけを 議論していました

私は実際に何かを 予測したのではなく ただ今何をしているか そして 実際 何が世界に影響して いるかを話しました 科学的な事実です 誰でも知っています 二〇〇〇年に世界が なくなると予測する わけではありません そのようなことは 何も言っていません 私たちはただ 今して いる事 例えば全ての 森林を伐採すること などを話しています これが世界に影響する ことは皆が知ってます それで 私達は菜食と その利益に関して 話していたのです

破壊は 人々のいる いたる所で 毎日続いています

しかし最小にできます 奇跡が起こるよう 精神的に自身を 強化する事ができます 私達の精神力と知識で 地域社会にも影響し 人々も私達の道を 行くでしょう そうすれば 破壊が 起きようが 起きまいが 私達は非常に安全です 私達は神の知識に おいてとても安心です

少なくとも 私達は 怯えていません 大暴れしていません また何を期待すべきか 分かるでしょう 命を失っても 大した事はないです 既に皆に言いました 命はジョークです 永遠の生命だけが本物 私達はただ捕らえられ 掛けられて 暫くこの 道具に入れられます そしてそれを失うのを 恐がっているのです ナンセンスです 私達は他の場所や どこでも使用できる より素晴しい道具を 持っているからです ただ菜食になり 瞑想することです それは破壊ではなく 永遠のための 準備なのです 破壊は行ったり 来たりします 永遠は常にそこにある いいですか 私達は神に備えます 破壊のためにではなく 人生の終わりに 棺の中で横になる時 いずれにして それも 私達自身の破壊で あるからです 世界がまだ続くか どうかは関係ないです ですから 最も重要な 準備は神のためであり 永遠に戻るためです

あなたが人々に会う時 群衆の中の個人として 又は指導者として  会う時どう感じますか あなたの道にいるか どうか 分かるのでしょうか 人と話さずに 感じるのですか 何に頼るのですか 私は常に内面で 集中すると言いました あなたが誰であるか 何をしているか 私にはわかりません 私はただ自分の事だけ 考えています  貴方は私達が尋ねる 質問から私達に与える 情報を得ますか 内面からです ただ状況に 応じて答えます つまり まず皆さんの 心を読むべきでその後 答えるということ? そういうことですか どうかと思いまして (私にできるならね) どうするか知りません

たぶんできますが 分かりません しかし 事実として 私には 善悪や美醜は 分りません しかし あなたが 個人として  私のところに来て 心から何かを求める時 あなたの誠意は 自動的に 神の 智慧を引き寄せて それが 答えになるでしょう 私個人とあなた個人と 何の関係もありません 私達の内面の繋がりと 関係があるのです 私は決して 人を 見抜いて 「ああ この人は悪い」とか  「ここに座ってるのは 聖人だ」と言いません 私には分りません 本当に 少なくとも 頭ではわかりません 私の脳は 善悪や 醜さは判断しません 時々 私は人々を 感じます  私があまり 関与していない時  私が その人の利益のために その人に何が必要か その人の内面を 丹念に調べます しかし それは 内面で行われるし 私の心を経ません 神は偏見から 私を保護します

私がすべての人々― 誰が悪く誰が良いかを 知るべきなら 私は仕事できません それはエゴの作用です 私は その善悪は考えません ただ考えるのは 道を求めているか どうかということです 人が道を求めているか どうかですか 私が人を見て 真理を 求めてるかどうか 分かるということ?

いいえ あなたは既に 私の質問に答えました 貴方が批判的だと いう考えなど 私にはないと 知らせたかっただけで 批判的って(あなたが 批判的でないと知り) ああ はい はい いえ 私はただ貴方に 言いそれがすべてです 私はあなたがそうは 考えないと思いました お伝えしたい 意見があります (どうぞ) 前に 神が 男性か女性か尋ねた 質問についてですが 私は 実は語法を 変える団体に 関わっていて それは包括的で 肉を食べる習慣より 正直 打破するのに より易しい習慣です ええ 本当です でも気にしないで 彼女でも彼でも  そのままにしておいて 先ず自分の仕事を 続けます そうでしょ 菜食をし 瞑想し 高潔な生活 それだけ 彼とか彼女は 重要でありません 彼(神)の問題 つまり 彼女(神)の問題です ここで見ましょう あなたがよければ 私は見付けられます はい 女性は知的です 時々 私の答えが 質問に 関連しないのが 分るでしょう 時々 内面の智慧が あなたの内面の要求に さらに対応する からです 時々 人々は こんなふうです こう尋ねたくとも 明確に話せません 或いは非常に内気で 直接問題を尋ねません そして 他のことを尋ねます ただ遠回しにします

それで マスターの 智慧はいつも 彼らの 心の中へ 最も重要な 問題に直接にただ 答えるだけだと わかりました それは まさに私が しようとすることです 私はごそごそ 探るつもりです できれば どうか  しないでください 当然 西洋人であり 貴方が教えるタイプの 哲学を教える 特定の伝統で 育てられていないので 私はカリフォルニアの 通りが 悟りの探求において ヒマラヤと 大変似ていることと 人生における各状況の 答えを探すときは 時間があると 分かりました そして 止まって待つのです 正しい答えと 正しい状況を待ちます そして 自分の決定と していることが 絶対に正しいもので ある事を 知りたがります  絶対に正しいことを していると分るほどの 自分が求める悟りの レベルがないなら 非常に難しいです あなたは どのように 平静を保ち確実性と信念を 持って前進しますか それで 自分が していることに有効で するべき方法を 実行するのが 必要で あると分ります ただ まだ余地を 残すべきで 正しい道にいないなら 角を曲がって 違う方向に 行かれます これはもちろん 難しい質問で 返答も難しいです 何としても自分に 正直でいること それだけです その時 自分や 関わりのある人の ためになると思う事を するのです そして正直に 心を傷つけず どんな悪意も ごまかしもなく  すると結果がどうでも それが正直さの結果で そして神が 方向づけをして くれます 

もし神が 世話してなければです  いつも心で祈るのです 「ベストを尽くします でも確信がないので 何らかの方法 または刺激を 私に 感じさせてください」 時々 たまたま 本をめくったら 答えが飛び出したり 時々 マスターや 他のマスターの テープを聞いたり 古代のマスターの 本で 突然 自分の疑問に 関することを 見つけたりします そういうことです ありがとう また 時々静かに 瞑想するのです すると それは 必ずすべきことだと 感じます あるいは 一晩 問題を抱えたまま眠り 目覚めると もちろん すべきことが 確かになります たいていそうです こうしてすべきです また 私もそうです 最近 たまたま 私は本を読みました 弟子が本を買いました ノストラダムス 彼の予言に 関するものです 彼の予言は・・・ ああ 今は彼の予言の ことは話しません 聞かれない限り 皆さんが 知っていることで 時間を無駄にしたく ないですから 彼の生活を話します 今は個人としての話 参考にですよ

今偶然 彼のことを 考えてました この質問には 彼で なくても構いません ただ偶然 数日前 彼の本を読みました  弟子が買ったので 彼は非常に忙しく 医師の人生を送った 一日中 病人の 世話をしなければ なりませんでした その時代は 重大な 疫病や戦争などが ありました 当時 彼は手一杯の 仕事を非常に少ない 医薬品や機器で こなしていました それでも 一日中 患者の世話をしても 夜には 瞑想をしました 人々は彼が夜通し座り ボウルの水 或いは 黒い鏡―「黒い鏡」と 呼ぶそれを凝視して いたと言いました たぶん彼は黒い鏡を 置いて たぶん彼は ここを彼の黒い鏡で 見たのです 私達がする方法です そうやって彼は その 時代から遠く隔たった ことを見たのです そして 彼の見た 多くが正確であると証明されています そうですね 私が読んだ 本によると そうです また 彼は 世界の救世主の存在を 予測しました ええ この本を読みましたか 私はオゥラック語版を 読みました それは 非常に正確でした マスターこんにちは また私です 不思議に思ってます 私はあなたのことを 少ししか知りませんが あなたの写真を見て 本当にあなたの オーラに感動しました オーラとは何か 説明して下さいますか 写真にオーラですか

(はい)弟子たちは それに大騒ぎします 皆 オーラはあります はい でもあなたのは あなたの上に 120cmもあり 私の上に120cmも はい とてもきれいで どの写真ですか 知りませんでした 私にください 大きいの 興奮します どこかにあるかも しれません  誰かが持っているかも 誰が持ってますか ここに何枚か他の 写真があります 私も 見たことがあります 大きい円が 周囲にあります 全身のもあります そういう写真を 見たことはありますが 持ってません 私が見たのは 上に約120cmです 上に120cmですか ピンクとオレンジの 雲状のものです それがどうかしました (私はただ) それが嫌いでしたか とてもきれいでした とても印象的でした ただ不思議で 説明して頂ければと わかりました ちなみに昨日 私達は 弟子が持ってきた 一本のビデオを 見ました  エドガー ケイシーが 人々のオーラを 見たと言うものです ところで スタッフのひとりが 私に言いました 彼は英語があまりよく わからないので ただ 私とそれを見ていて 「ああ この人には 人のオーラが 見えるんですか」 私は言いました 「それがどうしたの」 彼も見えると言うので 「誰を?いつ?」すると 見えるのは私のオーラ だけで 他の人には ないと答えました それで私は 「あなたは盲目よ あなたは盲目」と そんな事がありました

質問は 私達はいつ どうやって人の オーラが見えるのか それは目が少し開いた とき 第三の目です 沢山の目があります これを「神の目」 「仏眼」と 呼びます 神の目は開くと それは最終的ではなく 智慧が少し 開くことを意味します そして人々のオーラが 見えるのです 人々のオーラにより その人が その時点で 怒っているか 霊的に発展しているか 慈悲深いか 非常に悪意のある人か 判明できます 例えば 周りを 赤く燃えているもので 囲んでいたら  その時 非常に怒っています スタッフに聞きました 「何を見たの?」 彼はずっと前に 私のオーラを見たと 言いました 私は「あなたは盲目よ」 そして「私だけでなく 誰にでもあるわ」と 彼は言いました 「でも見えなかった」 「初めてリトリートで あなたに会いに来た時 あなたを見ると 周りを全体的に 青っぽい光が 囲んでいたんです それで自分の目が どうかしたのかと 思いました」 彼は目が どうかしたかと 思ったので 辺りを見まわし  他の人を見ました 大勢いたのに 誰にも オーラがなかったと だから彼に言いました 「あなたは盲目よ」 瀕死の人か 死人には オーラがないけれど それ以外は 誰でも オーラがあることを 彼に説明しました

そう 瀕死の人や 死んだ人の大部分は オーラがありません または 急死するという ような場合― 今 彼らを見ていて 五分後に死ぬ場合も― もう オーラがありません 例えばそんな具合です それで彼に 誰でもオーラがあり 色の違いや 大小は 霊的な発達によると 説明しました すると彼は なぜその時 他の人にオーラがなく 私にだけあったのか 聞きました 私は言いました 「あなたが盲目だから マスターのオーラは とても明るいの それで少しだけ 見えたのよ あなたは本当に 目が悪いから 少しだけ見えるの 他の人のオーラは あまり明るくないので 目が悪ければ 見えません」でしょう あなたは今 オーラが 見えますか あなたのが 少し見えます 少し? そうですか  そう悪くないですね 伺いたかった事ですが 自分が悟ったと 分ったのは おいくつでしたか どう感じましたか 私はよくわかりません 記録しないので 十七歳頃だと思います 十七歳の時 私は 命には何の意味もない と理解し始めました もう二日生きても 二日先に死んでも それは単に より多く 食べて運動するか 否かということです そう多くの意味は ないです いいですか 私は本当に それを 深く理解しています しかし言葉で伝える ことは難しいです

私の答えに 満足ですか 私は常に何でも冗談に しますが まじめに 言えばそういう事です いいですか マスター 私たちの 雑誌の最新号の 質疑応答のところで あなたが宇宙人に ついてと 彼らが仲間を救うため 手伝う方法を 私達に 言ったことについて 話してました(はい) その記事を読んで 不思議に思ったの ですが それは 可能ですか 宇宙人 つまり他の惑星から 来た人が 地球で 私達と一緒に暮らす ことなどあるのですか はい 確かです (彼らが?)   彼らは進歩していて 望めば 何でも できます 彼らは私達と 同様ですか (そう見えます) 同じ外見ですか? もっと美しい場合も 醜い場合もあります でも非常に進歩して いるのですね(はい)

非常に進歩しています

慈悲深い宇宙人も います 彼らは私達を助けよう としますが 彼らの 多くもとても弱いです 決然としてなくてただ 技術的に知っていても 優しすぎるため 地球の騒ぎに 対処しているとき どうすべきか 分らないのです だからメッセージを 送ります 聞き取れる ことを願って 彼らに耳があるか どうか分りませんが 彼らはとても 進歩しているはずです でも時々 あまりに 優しいのです おとなし過ぎるのです ある意味 これは 私の個人的な問題では ないと思いますが 質問を定式化するのは 非常に難しいです 恐らく私の人生で 分る限り  ある目標はあっても 私にはその目標に 達するのは難しいです 多くの障害があります それで目標に 達せるかどうかと 思うのです (目標とは?) はい 開悟です 霊的な意味でですか それとも仕事上での 目標ですか あなたはすでに 開悟を得ていますよ ただ 日毎にそれを 認識すべきです それを知って下さい あなたの位置を 知るのですよ 人生での 他のことは たとえば 仕事や 仕事での成功は  たまたま加わった 学校や職場で得た 知識を使えば いいのです また自分の経験 正直さ 熱心さを 競争に 勝つために使うのです 成功したビジネスマン 全てはよく働きます そうですね 成功者の伝記を読んで 彼らは生まれながらの 成功者でなく  成功する為頑張ります 父母から 王国を継いだ 継承者の殆どは たいてい あまり 成功していません 大半は  甘やかされすぎて 仕事の仕方を知らず 時には親の仕事を 台無しにして ハワイに 漂流させます 早期の成功を心配する 必要はないですよ

ある人たちは多くの 試練と苦難の後人生の 後期に成功します そして開悟も同様です 開悟も同様です ただ辛抱強くいれば 訪れます 仏陀でさえ四十九日間 菩提樹の下で休まず 最後の答えを得るまで 瞑想する必要が ありました イエスも砂漠で 四〇日間とか四九日 大抵四九日間 こもる 必要がありました チベットの人々や 仏教の伝統では 数字の七を使います 七日間 そして 七かける七 二×七 三×七 だから四九日です 迅速ではなくでも 私達は毎日 二時間半できます そして様子をみます 毎回 瞑想で座ると 天国に記録されます 瞑想で成功するか どうかは 重要ではありません 神と一緒に 座る限り たとえ その瞬間に死んでも 決して地獄や 大変劣ったレベルの 状況には行きません いつでも 即座に 天国に行き そこで 自分の好きな姿の マスターに会います 選べるのです 「私はイエスがいい 私は仏陀がいい マスターチンハイが いい そこにいるはず」 いい? 心配しないで とにかくあなたは 開悟していますよ 認識するのに 時間がかかるだけです 長い間忘れている事を 認識するのは とても難しいです 例えば 長い間 ダイヤモンドを 持っていないのに 突然 誰かが くれたら それを 信じるのは難しいです 宝くじに 当選した人みたいに 時には信じられなくて 心臓発作を起こします

マスター 今日あなたが話された 本を私は持っています (どの本ですか) 一九二〇年十月二日に 出版されたものです この人は二百年前に 生まれて私達の時代に ついて書いています この本はあなたの事を 伝えていると思います そう 興味があります あなたの英語力は 十分ですか では どうぞ 私達の弟子に 伝えたいのですね はい(分かりました) 世界全体  アメリカ アラブ ヨーロッパの世界に 関してで 全て起きた 事をまさに伝えてます ですから 私は台風や ハリケーン 地震を目にしても 驚きませんでした 旅行しましたので この本を読みました 真実で すべてが 実現しました オゥラック(ベトナム) の別の預言者ですか ええ オゥラックに 大勢ノストラダムスの ようなマスターがいて ただ世界的に 有名ではありません それだけです 宣伝 していないからです でも彼らも 非常に正確です 私も知っています それは誰ですか

ヤム芋売りだった 僧侶 ヴァイの 「人類に関する 予言」です マスター

それを読んだのね 二百年前ですね

はい 二〇世紀の事を 話しています

「寺や 神殿 楼閣や 修道院は必要ない 寛大さ 思いやり 慈悲と美徳が 観音への道である」こう言ってます  神はかつて天にいた 後に 神は ナンディンに生まれた 今日 答えられました

「寺や 神殿 楼閣や 修道院は必要ない 寛大さ 思いやり 慈悲と美徳が 観音への道である」 マスター 彼が言うには 二〇世紀には 何かが起こる  寺は要らないだとか どんな類の礼拝所も 要らないだとか 必要なのは 観音だけ そう言っています でもその十一冊の本に 一緒に・・・ 一冊目はいかに 私達人間が悪くて 神が新しいものを 創造するかを 伝えています 「あなたが心を 入れ替えるだけ そして観音法門は 私達を助け 導く 私達は救われる」 一冊目です なるほど 分りました 二冊目は ベトナム戦争後に 関してで 中東の紛争が 起きると 確かです それで私は何度も 目を通し 言いました 「あらまあ すべてが実現する」 そしてアメリカです

「雪空が花のために 取引された その花はしぼみ 全ての場所が 静かになる」 「雪」とは 台風 ハリケーン すべてそうなりました

それで今日 私達は マスターの話を聞き 世界を救うためすぐに 心を神に向けました そうでないなら 余りに悲しくなります ありがとう マスター それだけ (はい) 大した事ではないです 彼女はこう言いました 天国に神がいる でも今神は 南部に生まれた オゥラック(ベトナム) 「ナンディン」です つまり南オゥラック (ベトナム)の国です 彼らはオゥラック (ベトナム)人は ナンディン 南の国と呼ぶからです 神がオゥラックに 生まれるという意味 だから大勢が仏陀は オゥラック(ベトナム) 出身と信じています それで今仏陀を探しに オゥラック(ベトナム) 中に行きました 特に日本人です 私はそう聞きました 仏陀を調査しようと 行ったのです いいですか この方は知りません ノストラダムスの様に 有名ではありません でも 彼女のその本の よると すべては 予言したように 起きました マスター 私は毎日 瞑想をします いいですね いいです あなたにとり良いですとても良いです それこそすべき 唯一の方法です 他はありません ちょっとその本を 見てみましょう 後で読みます いいですね でもノストラダムスの 本は大変正確です 私は読みました 翻訳によれば とても良いです 以上ですか他に質問は 私たち一人ひとりが 瞑想をするとき いつかあなたに 呼びかけると 知っています そしてまた 私達の雑誌を読んで 知ってます そこに 答えが与えられている そう分かっていますが   単に自分の個人的な 満足のためですが 私達がこんなに 大勢いるのに  あなたは なぜ私達一人ひとりに 答えられるのか 説明して頂けますか 私達が尋ねることが 何であっても  適切な時に 答えて 正しい指示や 解決策を与えて いるようです

いつもどのように 大勢の私達と 同調できるのですか 非常に単純です 分かりません 私が何をしたか するか知りません 本当ですか 私を通して神が行う事 ですから いいですか 私は天の父と一つで その父が全てを 行います 父は全宇宙の面倒を 見られるのです 皆さんのことは 大した事ではないです 天の父がすることを 知る必要があるなら 私は疲れてしまいます ただ彼に私はさせます または母にさせます でないとあの女性が 文句を言うでしょう 実際 宇宙のパワー スプリームマスターの パワーが全てを行い 全てを 管理します でもこれを知る事で 時に私達をまた イライラさせますね 「なぜ 彼か彼女は 私達を高潔で神聖で 健全にさせずに 代わりに試練などを 試験や苦しみを 経験させるのか」と でもそういうものです 私達には自由意思が 選択肢があります 人生の初期の頃に 全人生の 始まりにおいて  選択肢があります 内在の声が言います 「これが良い これは 良い これはだめ」と でも時に  私達は遊びたくて 子供のように 親の 教え通りでないことを したがり 自分を傷つけます それが問題です 時に 親は言います 「火から離れなさい ここで遊ばないで そこで遊ばないで」と でも私達は好奇心から してしまいます いいでしょう 神は 私達を学ばせます 厳格な方法や容易な 方法で 私達次第です 従って幾らかの人々は 神聖で健全なままです でも暫くの間 道に迷う人々も いるのです 彼らは結果に 苦しみます それから目覚めます そして その苦しみを通じて 再び健全になり 正しい方向に 戻るのです 従って 時々 人々が 苦しみも また形を 変えた神の恩恵である というのは 正しいといえます そうでなくて 常に 私達が幸せで全てを 人生で持ち合わせ 順調ならば 感謝もせず 神の意志を聞こうとは思いません 本当にそんなふうです
生涯の初めに 全人生の初めに 私達には 選択肢があります 内なる声が言います 「こちらが最良 これは 良い これはだめ」と でも時に 私達は 遊びたくて 子供のように 親の教え通りに したがらず 自分を傷つけます それが問題です 時に 親は言います 「火から離れなさい ここで遊ばないで そこで遊ばないで」と でも私達は好奇心から それをしてしまいます いいでしょう 神は 私達を学ばせます 厳格な方法で容易な 方法で 私達次第です 従って幾らかの人々は 神聖で健全なままです でもしばらくの間 道に迷う人々も いるのです 彼らは結果に 苦しみます そして その苦しみから  目覚め 再び健全になります 正しい方向に 戻るのです 従って 時々 人々が 苦しみもまた形を 変えた神の恩恵である と言うのは 正しいといえます でないと 常に 私達が幸せで 全てを 人生で持ち合わせ 順調ならば 感謝もせず 神の意志を聞こうとは思いません 本当にそうです

いいでしょう ここに 今 リーダーズ ダイジェストを思出し 今朝 六階分の深さの 井戸に落ちた 少年の話を 読みました 中は水がなく泥でした 彼は智慧の全てを使い 上へ戻るために 力を使いました― 誰も助けてくれず― 事件後 彼が 生活における全てに どれほど感謝したか 清潔なベッドのシーツ 兄弟姉妹 家の前の花々 美味しい 食事などについて なぜなら 彼はそこに 六日間も留まり 泥水だらけの 所だったからです 生き延びるために 汚い泥水を飲みました 井戸のコンクリートの 壁を掘り つま先で 上って出るのに 六日もかかりました ですから 彼がいかに 全てに感謝したことか 食事も 心地よく 衛生的な環境も清潔な ベッドのシーツも 私と同じ 私は海の 近くで育ちました ええ オゥラック (ベトナム)の国境線に 長い海岸線があります 私は一度も海水を 大したことだと 思った事はありません そしてここに来たら 家にこもって ばかりです 実際 私は海のために来た わけではありません 時には海岸を 歩きます 幾らか運動のために 薬は私を緩慢に させますから 一日中眠れません それで スタッフの 一人と海岸へ行くと 何人かの人が 海辺で ただ 座っていました 子供達 犬 猫も 家族一緒にです ただ海を見つめていて とても魅了され 陶酔 していました それで スタッフに聞きました 「彼らは何をしてるの」 彼は「生涯で 一度も海を見たことが ない人々もいます」と 彼は言いました 例えば中国のように 彼は中国人でした 「広い 中国大陸で生まれ  奥地に住む人々は その生涯で 海を見たことが ありません これ程大きな水の 集合体を知りません

私は「まあ本当に そんなことがあるの」 海に感謝した事など ありませんでしたから 海の近くで生まれ常に 生活の中で海を見て きたからです 私の 名にも「海」がつきます 当り前で 大した事は ないと思っていました でも 気づきました 中には 多くのお金を 苦労して節約して ハワイに来るために 支払う 人々がいるのです 例えばですが ただ海を見るために 彼らは生涯一度も 見た事も たぶん再び 見ることもないのです これほど大きな水塊は 彼らにとって 驚きに違いありません そこに一日中座って 見つめてました そのお金に見合います そしてそれは時に 恐らく 苦しみの効果です 苦難の間 私達は より内面に向かい 更に祈ります その時 それが 何であれそこに何かが あると分っています それに頼るべきである ということを またノストラダムスも 言いました 恐らく多くの災害が やって来る 時期があり 今世紀の前に 多くの災害 問題が起き 以前は 全く神を信じなかった 人々さえ 神や聖人に 祈り始めるように なるだろうと そう彼は言いました おそらく そういう事なのです 神は私達を助けようと 私達の心を全ての 恩恵の源 永遠の命に 戻そうとします たとえ生命が 終わっても心配無用 何も失いません 既に言いましたが 人生はジョークです 私達はその辺で遊ぶ様 置かれて 何でも 興味があって学びたい ことを学ぶのです それにうんざりした時 神が助けるでしょう 神が地球を 壊したとしても 私達は心配無用です 当然地球を救うように 努めます 美しい惑星 今現在 私達が持つ 唯一のものです でも神がそれをすべき 時は関係ありません 宇宙には沢山あります 広大です 私達は多くの惑星に 行け 周遊できます 心配ありません でも善良でいて下さい でなければ私達には 特権さえありません それが問題です たとえ神が非常に 中立的だとして 男女もなく 善悪もなく 批判もなくても 私達が物事を行った それ自体の結果です

親が私達をとにかく 愛するように 私達が 悪くても良くても 彼らの愛は絶えません でも 親の警告に従わず 悪い事をすれば 自分の身の上に 害をもたらします 時に災害を招き 時に傷害を 時に破壊を 私達の美に対してです しかし それでも 私達が損害を 受けても 親は 愛してくれます 彼らは更に私達を 愛しますが それは 助けになりません その愛は死にませんが 私達は自ら傷つけます それだけが問題です だから私達は ただ善良で 高潔で 神の様でいるべきで それでこそ神に近づき 自身の為になるのです 神は愛してくれます 私達が何をしても 関係ありません 彼らは私達を愛します 彼か彼女は 愛します いいですか 私が善良でいるよう 言うのはただ皆さんの ために良いからです さて ここに 記事があります 13ページです 13 皆が見たがる 記事です いえ女性が 見たがるのですね 13「女性は 何がより 良くできるか」ほらね 九四年四月版 これは今年のなのに だいぶ破れてます 去年のと思いましたが はい ここを見て 女性は何が得意か 女性の方が言語を 上手く習得できます 女性は 男性より器用です 見出しだけ読みます 読みたいなら 買って下さい 女性は より社交的で 才能があり笑いがあり 快活などです ええ 女性は指導するために 生まれている  女性が指導者である 時代は より良いと 言っています 女性は他の人々の 最も良い点に 気づくよう励まします 彼らの最高の部分を 引き出すのです そして男性の殆どは 支配的で他の人々に 従属させていると 感じさせます そう書いてあります いいですか 更には スポーツにおいては 女性は水泳が得意です 冗談ですが 唯一 女性が一九七八年に イギリス海峡を泳ぎ ええ 男性はあえて そこで泳いでません 私が「作り話」など していないと 分りましたね 皆さんも読めますよ はい 他にありますか マスター 質問があります

あなたのお話で 私の幾つかの質問の 答えは 得られましたが まだ質問があります 今 沢山の人が 現れています たとえばマスターなど 人々に認められている方たち マザーミラや グルと 言われるマスターや 開悟した人などです そしてあなたの弟子は あなたを「スプリーム マスター」と呼びます その意味を知りたいと 思います 観音瞑想に ついて一カ月前に 私にメッセージが 届いたからです それまで聞いた事が ありませんでした それについて 何も知りませんでした ここに呼ばれて 今日来たのですが 分らないのは 各マスターにはどんな 違いがあるのかです 誰かがマスターでも 気づかず 力を利用 しない事はありますか 理解したいのは 「スプリームマスター」 この意味と ある人々が 一人のマスターに  引き付けられるのは 特別なことを学べる からかということです 多くの人は 瞑想中のビジョンを 信じていて マスターのことが 分るのです 私は介入できません いいですか だから彼らの好きな ように私は呼ばれます あなたも好きなように 私を呼んで下さい いいですね そして スプリームマスターは 私達皆がそうです ただ自覚していないか ひどく厄介な仕事を するために呼ばないか 幸せになるべきです 呼ばれたら 逃られませんからね 遅かれ早かれ 現れねばなりません 意思に反してもです いいですね ノストラダムスを 信じてる人がいます 例えば マスターを 探す方法  内面で彼はこう 説明したからです 世界の救い主は これこれだと それをはかる特徴が 幾つかあります 沢山いるからです でも全てのマスターは 善良ですね 例えば教育分野にいる 先生は皆 良い人です 一人が一つの事を教え 他の人は他のことを 教えます 私達は 皆を尊敬すべきで 誰であれ 確実に感じ 魅力的に感じ 最も敬愛できる 人から学ぶのです いいですね 私の答えに 満足しましたか(はい) 良かった ありがとうございます ここにいられて嬉しく 光栄です 私もですよ ありがとうございます 何年も瞑想をして 私は 絶望的な状況に いる感じがします

到達すべき地点が あると分っていて・・ 内面で開悟していると いうことは分ってます 頭では大きなことだと 分かっていますが そういう気がしません 私はまだ 奮闘していてテレビで あなたのビデオを 見た時 あなたは皆が 戻ると言いました 「私が 開悟を 光と音を皆さんに 与えます」と言い だから私はここに いるのです (はい) 他の質問は私にとって 無意味です 光で 救ってくださいますか 音で救って 下さるのですか 私が開悟したり 私の内面で 知っている所に 連れて行けますか 私の目標は あなたが 言うように「そこで 生きている」ことです このことで 「有難う」と言います 問題ありません だから私はいるのです 明日の朝 時間があるなら ここで 印心できます 生命は重要ではないと あなたは言いました 重要ではないですか 説明して下さいますか いつですか 全体を 文章全体を 説明して下さい 私達は人生を送るけど 大した事ではないです 人生で何も変わらない ことが 大きな事です 人生はジョークですね 前にも言いましたね 今夜です たぶん  私は誤解したのです いいえ 違います ただ 完全に 理解してないだけです 私が言いたいのは この肉体の命は とても短くて   病気 苦痛 悲惨さ 不満でいっぱいで それほど 重要ではありません  この後の命と 比べたらです 分りますか 真の命には 陰がありません そういうことです

しかし もちろん この命を生きてる限り 大事にするのです 私はその男性に そう言ったのです 彼の命は戒律より 重要なのです それで分りますね 一つの言葉に しがみつかず 執着しないことです 命はある限り 重要なのです ないのなら 問題ありません まだ良い命があります ただ より良い命の 準備をしていたらです 道徳的な生活をして 瞑想をして 神と近くなり 神のようなら より良くなります この命を 活用するべきです その目的のためです 分りましたか はっきりしましたか まだしませんか はい 分りました 良かった 私達の命は  神を見つけるまで 重要なのです そうでなければ 無であり 生まれて 死んで 誰も気にせず 何も成し遂げません この命を使えず この物質的な命で 神を知らなかったら 本当に無駄です また命を得られるか どうか 分りません 同様な命  肉体をです だから  命は貴重なのです でなければ無です 誰かが生まれ 誰かが 死にます わずか 数十年の生涯です それが無駄になります 沢山の苦痛を経験し 多くを辛抱して まったくの無駄です 満足ですか 全て大丈夫ですか 必要な事を全て 聞いて下さい  軽くなって 理解して 帰って下さい

マスター これまでかなりの間 何かの理由で 衝動に駆られます いつも内面の問題の 処理法に満足しないと その衝動に駆られます 内面のです 剃髪したいという 衝動があります もう十分ショートです その後 修行をしても 何も得られないという この記事を読みました 今夜 私はまだこの 衝動に駆られています それはある種 それから得ようとする 浄化だからです 在家の弟子が 剃髪することに 賛成されますか あなたの髪です 私には何の権利もなく 私はあなたの髪に 特許権はありません あなたがきっと美しく 見えない以外はね あなたの責任ですよ したい事をして下さい 切るなり剃るなり (はい) 今 私の髪は長いです あなたはショートです いいですね したい事をして それでしばらく あなたが幸せなら 前世で尼僧だったので そのサイクルに 戻りたいのです 構いません 必要ならして下さい すぐにまた伸びますよ 心配しないで つまり ある人々は  外見に 大変執着するのです 剃髪しなかったり 黄色い袈裟を 着なかったら それでは 神聖ではなく 決して 仏陀や神に達しないと 思っています これは切らねばという 執着です 髪のあるなしは 関係ありません しばらくの間 本当に気分が良くなる なら切っていいです 構いません 私が切ったのは単に 人々の考えのためです ええ それでです 赤い袈裟も着ました

ノストラダムスに 興味をお持ちなので 映画ノストラダムスの 生涯 があります かなり古くオーソン ウェルズの作品ですが かなり良いです

四行詩に きっちり沿った 素晴らしい映画です ええ ありがとう 正確だといいのですが なぜなら ノストラダムスの 予言を解釈した 人々ですら・・・ 私は占星術などには それほど興味は ありませんが 大変 素晴らしい人ですから 本当にその名に 値します そういう人は僅かです 先を見る能力に優れ 徳の高い人でも ありました 私は 実際には 未来のことを知る 必要はありませんが 彼は正確でした そして人々が 彼の事を話し  本を貸してくれました 昔から彼の名は 知っていましたが その類を読むことに はまりませんでした 興味ありませんでした 後になってある少年がオゥラック (ベトナム)語の ノストラダムスの本を 貸してくれた為読んだ それだけです こうして 私は彼の 予言を知ったのです 予言を 解釈した人たちも 既に起きた事を 正確に解釈している だけなのです 彼らは知っています 「ああ なるほどね これとあれは・・・」 そしてすべてを はめこむのです でも起こりうることは まだ知らないので たとえ一行一行 訳せても なぜそうなのかは 分りません

でも観音法門で 瞑想すれば・・・ それを読んだ時 私は 彼がまさに伝えた事は 私だけの為に書いた かのように分りました 容易に理解 できました  私にはよく分ります でも人々は彼が 意味するあれこれに 疑問を抱いています 「どうして」と 分りますか はい 四行詩は 大変 比喩的に書いてあると 言おうと思ってました 時が経つにつれ 三度か四度 解釈されました おっしゃったように 解釈は時が経つにつれ より明確に より正確になりました (ええ) また殆ど すでに 起きた事です まだ起きてない事は 例えばですが 私が 読んだのは ただ・・ 彼は二十世紀の 救世主まで 予言していて 全ては明確です まるで鏡を見て いるかのようですが 人々はまだそこで 不思議がります「誰だ どこに なぜ」 大変明確です それを読んだ オゥラック(ベトナム) 人には明白です 

まるで2+2=4 みたいにです でも本を書いた人や 本を編集した 人たちには まだ戸惑っています 確かだと思えません たとえ 例えばですが 最近の 著名なマスター 十人を一緒にしても 誰だか分りません 多くの印が 失われているからです

ありがとう 幾つか質問があります 一つは「旅人の鍵」を お持ちですか 私は マスターは 「旅人の鍵」を渡されて いると信じています その理由は 私も霊的な団体に 属していて (ええ それで) 私が信じる人も 神秘的な旅人の鍵を持っているからです そうですか 私は「即刻開悟の鍵」の 本に鍵があると 思っています あなたが話してるのは そのことですか (そうです)分りました でもこの鍵は お見せできません 私は扉を開けるだけで その鍵を見せることは できません 私の質問への 明らかな答えです (ええ) 別の質問ですが 印心者になる この印心とは何ですか あなたのおっしゃる 瞑想やビーガン食 すべての他のことは 別として 私達が学ぶべき 本もあるのですか (本ですか) 学ぶべき本は ありますか 自分が読みたい本を 読めばいいですよ でも 私達が学ぶ 本はありませんか いえあまりありません 弟子が私のどこかでの 講演を編集した 本はあります 興味があるなら それを読めますし 他のどんな読みたい 本も読めますよ 私の本や 他のマスターの本を 読むべきだなどとは 特に求めません どんな本であれ あなたの霊修行に 栄養を与えるなら 選べますよ

はい でも指定図書は ないのですか いえ 私は偏るのは 好みません 教理のような 指定図書の 教理のようなもので (いえ ありません) それで 毎月読む 必要があるとか(いえ)

そういうことが 何もないです 全く 興味深いです なぜ?邪魔するの? いえ 素晴らしいです 私達は本を 読むべきで そういう 本は 私は・・ 頭が痛いのですか (ええ) 分りました

きっとあなたは既に 本は必要ないのに 彼らは知らないのです 彼らのミスではなく あなたのミスです ずっと 幼稚園に 居続けたいなら 積み木などで 遊ばねばなりません そんなような事です 先生はあなたが そこから離れない限り 他に何も提供できない はい さまざまな境界が あるのですね

ええ さまざま ありますが 私達は  それに里程標の様な 印はつけません では私達が印心者に なったら どの境界に 連れて行くのですか それは  願いによります (因果の境界)いいえ 様々な境界があって 実際行くのはどこ? どこまで連れて 行ってくれますか? 一番高い所です 一番高い所ですか 最終的には 最終的に すぐではありません すぐではないのですか ええ その人の 背景 カルマ(報い) 熱意次第です まずこの地球の上の 境界に行きます はい 分りました ある人はいわゆる 第一界に行きますが いわゆる 標識はありません どのレベルかを 判断する方法を 私が教えます 幾つか特徴があります 例えば  どんな光を見たり どんな音を聞くか 第一の領域や 第二の領域や 第三の領域でですね それで分るのです 興味がありそうですね ある領域にいることは 分かっていますが どの領域かは よく分かりません では どうやって 認識するのですか 先生は教えて くれないのですか 私が彼に手紙を 書けば 教えて くれるでしょうが 書いていません 私に言って 欲しいのですか 秘密にしますか (はい) 自分の 内面の体験を人に 話してはいけません (分りました)

しかし 先生には 言ってもいいですよ はい 分りました ありがとうございます 私には言ってもいい ですが 内密にして  人前ではいけません 体験がなくなるかも 分りましたか 霊的生活の中で 自分の精神的認識や 自分の神を持つ 選択権は あるのでしょうか  それとも特定の宗教を 選ぶべきですか ここに関する 限りは  私達が人に勧める 特定の宗教は ありません カトリックでも 仏教でもそのままで いてと言います なぜなら 本当の所 私の理解 認識としては 宗教は名前だけで 同じ事で  同じ本質だからです でも時と共に 人々は 本質を忘れたのです 仏陀の後 仏教と呼ばれ キリストの後 キリスト教徒と呼び ですから何を信じても かまいません 分りましたか 何を信じていても 構いませんが  その信仰の本質に 触れれば良いのです かまいません いいですね ええ 宗教を変えたり 新しい宗教を 探す必要はありません 一度 ある弟子が テキサス州の 仲間ですが  神学を学びに 行った人がいます 彼らは聖書について 議論したり 聖書を 説明したりします 彼女の家族の 背景には「聖書的」な ものがあったため 彼女は 私達の 修行についてあらゆる 質問に答えねば なりませんでした 本当に聖書に基づいて いるかどうかです それで そこに行って 学んだのです 何度も あった事ですが 彼女は学生ですが 教授の質問に全て 明確に答えられて 彼女はいわゆる 「場違い」でした

彼女はすでに 開悟していて  恐らく 彼らはあまり 悟ってなかった為です 聖書にしがみついても 本質ではありません ある日 彼らは彼女を 招いて いろいろ 質問をしましたが それは教授との 議論についてではなく 彼女がした事に ついてでした そのクラスに入った 人は 自分の宗教を 言わなければならず 彼女は どう言えば よいか分からず  「チンハイ」と言って よけい厄介なことに なってしまいました それで 彼女が言いに 来た時 言いました 「彼らが尋ねようと 呼んだのに不思議は ありません 私は 貴方の宗教ではない」 彼女に言いました 「私をあなたの 宗教にしないで 私はただ貴方の宗教を より理解させる ための先生です どの宗教でも すべての宗教の 真の本質は一つだと 分らせるのです 神はたった一人です 仏陀の本質は一つ 仏性は一つ 他には何もないです あらゆる灯り 蛍光灯 冷蔵庫 アイロン テレビに 電気がひとつのように 彼女には大いに 笑わせられました 「チンハイ」教ですよ それはたぶんあなたに 問題があるでしょう もし信じている 宗教がなかったら たぶん私の名前をつけ 私は全てに責任を 持たねばなりません 私が死んだら 恐らく 人々は寺院を建てる でしょう 今 私には 何もなくてもです イエスが生きていた時 靴を持っていなくて 靴さえ履かなかった 家もありませんでした 私は ここにいる時は もちろん家があります 人の家ですが しばらく本部に 滞在する時は 私はテントしか ありません しかし 私が死ぬと たぶん人々は寺院を 建て チンハイ教を 作るでしょう 私にはどうしうもない あなたに宗教があるか どうかを心配する 必要はありません 私達は大丈夫です 内なる神がいます 分りました? 結構 私はあなたと一緒です はい またあなたなの 熱しやすいこと マスター 子供達の ことで感謝します あなたの世界に入る よう加護して下さい ええ いいですか 仏陀のいとこでさえ 彼に背いたんですよ 私には良い家族がいて 運がいいです 皆が私を信じて 印心を受けた者さえ いました 両親 姉 姪  またいとこ 甥たちです

しかし 預言者や マスターや霊修行者の 全ての親族が 彼と同じ信仰や 彼らのマスターと 同じ信仰を 持っているという わけではありません 心配しないでください 彼らは皆 神の子です 神は適切な方法で 適切な時に  彼らの世話をします あなたと一緒ならよし 一緒に行かなくても 神について行くなら 大丈夫です 良くも悪くも 全ては 神の手中にあります いいですか まだついて来ませんか ベジタリアンですか それだけでも良いです まあ 反対しない

ならいいですよ

ある人は私の所に来て 言います「マスター 印心を受けられない」 「なぜ」と聞きます 「子供達が菜食を 食べさせてくれない」 ええ 信じられません 夫 妻 子供たち 両親 誰でもです 彼らは全世界と共に いるので  世界の傾向は 非菜食主義です だから「好きにして」 彼らは神を知りません 神に祈りますが 彼らは真の 神の 畏怖を感じません
他に質問は? 印心を受けるには 菜食すべきですか はい 印心すると どんな事がありますか 例えば 私の考えでは 私達は この地球にいる間 できるだけ真の神に 近づくよう生きます それは自分を愛し 互いを愛し (良いことです) 批判的にならないこと そして瞑想や 祈るだけではなくて 実際に 神の意志に 従って行動するのです 言い換えれば この世の光になるよう 努めて 人に苦しい 状況や 辛い思いを 与えないのです それは良いことです 既にできてるでしょう さらに それは 行為自体にとどまらず 思考生活に おいてもです もちろんです 印心の時すべての 面倒を見ます 印心は全てができる よう強化しますか 毎日私は自己チェック するからです 時々 私は自らを見ます 私は本当に愛の道を 歩きたいです (分ります) 時々 私はかなり 神経質になります 時々のんびり屋さんに 腹を立てます (ええ ええ)

とても疲れます (とても正直ですね) 「運転の仕方を 知らないから 彼女は通りにいるべき ではない」と怒ります

私には分からず・・ (大丈夫ですよ) 私はまさに神とは つまり完全な許しとは 正反対のことをします そして 人々のために 何かする時 言います 「彼らのために したのに ありがとう  さえ言わない」 何かする時 そう思うべきでは ないからです 分ります ええ あなたはすでに とても良いですよ でもそうしたいのに そうなれません

では今何を期待するの ですか 次は何ですか 私の質問は それで印心は私に何を してくれるでしょうか 約束はないです 報告 報告 報告をして下さい いいですか 印心は個人崇拝とは 関係ありません それは内面の繋がりで あなたが見たいこと 常に崇拝し その意志を知りたいと 思う神との繋がりです 神との繋がりを 持たねばなりません 「電話」の回線は接続 されているべきです そういう事です 今は壊れていますよ 私がそれを繋げねば ならず そうすると 自身のために神を見て 神が音で 話すのが聞けるのです そしてその音は 言葉なしにあなたの 人生を変えるのです 神があなたを 変えたいと思う  方法でです 私は約束できません でも99・999%は より良くなります 望まない場合以外は ありがとうございます マスター あなたは 報告を求めました それについえ 話してもいいですか どうぞ 私の個人的な体験は 劇的に私を変えました 人々に寛容になり 賢明に行動して それ以外にも あらゆる点において 変化しました 私がした事といえば 一日二時間半瞑想する だけ ただマスターが 求めたようにです そして日ごと徐々に 変わってきました とても微かに内面で ある日 私の人生に 途方もない影響が あると気づきました それで皆さんに 話したいと思いました 話してよいかどうか 分りませんが 一九九三年の 三月二八日 印心後  あなたに話しかけられ ご自宅に招かれました 私がホノルルに十日間 滞在していたからです 私はその住所がどこか 分らなかったので 家へ戻りました 翌日 バスの中で 瞑想していて 目を 開けると 見知らぬ 場所にいました それでバスを降りると 目の前にある家の 住所こそ あなたが 仰った所でした それで中に入り 人々に会い 彼らは私に菜食に ついて説明し それで 私は続けられたのです それ以来 そのことを 感謝したかったのです 間違ったバス以外に 良くなったことは? 正しい方向に行った その間違ったバス 以外には何も? ええ 実際この事が 多くの奇跡的な 出来事の始まりでした 分りました

もちろん 印心後は 毎日が 奇跡の日々です でも時に私達はそれを 当たり前と思うのです 多すぎて私達は 書ききれないほどです (本当にそうです) 確かに 私に起きたことは 言葉で 表したくとも 難しいのです 明瞭に表現するのは 容易ではないです 私は幾つかの 瞑想のやりかたを 経験しています 私は日本の仏教寺に 行ったことがあります 他の国にも行きました 沈黙の行をして  これにより人生が 本当に変わりましたが 得られませんでした 明快さ 自由 平安などを 私は今 以前より100% 多く得ています 私の道のりが短いと いう意味ではないです 瞑想からだけでなく あなたが 指示した方法や 菜食からでも あるのです 中国大陸中西部で 育った私は 牛も豚も 食べていたので 本当にそういうものを 食事から除けると 思いませんでした 驚いたことにあなたが 言った方法を聞いた 二四時間後には 何かが細胞をつついて それこそ私のすべき ことだと告げたのです 自分の為にしました そして今は動物も 思いやります つまり私の中の 愛の弦が響いたのです それをあなたに 伝えられたらと それをお話ししたくて そういうこと ええ それこそが 菜食の何たるかです すべての衆生のための 内面からの真の愛です マスターが言ったから イエスが言ったから 仏陀が言ったからとか 殺生の悪いカルマ (報い)を得たくない からではないのです 真の動物たちへの 愛の心からなのです

それが あなたが 始めた道です これが正道です 私もうれしいです (深く感謝致します) 良かったです

印心前 私は ベジタリアンでしたが 去年 本当に不思議な ことがありました 以前 私はマクロの 食事をしていて 最近 自然療法医の 病院へ行きました 医者はジュース断食 野菜ジュース断食を 勧めました ええ 良いと思います それでどうなったの なぜ?病気だったの? そうでなく 浄化食の ようなものです 一種の体の浄化を 望んでいるのですか (はい) いいでしょう それでどうなりました 私は 約百日間の 断食をしました 何のために 彼は私に腸をきれいに した方がいいと勧めて それは長い浄化ですね そして どうなりました? 私は止めました 長すぎますから でもこれは浄化の 一部分だったのだろう かと思うのですが 私は推奨しません (そうですか) そうしたいなら 試してもいいです 私は全て解脱の為です それはただ それだけのことです 良かったですか 気分は良くなった ですか 体重は減った (はい) 今はすっかり痩せて 気分は大丈夫ですか 気分が良いなら 大丈夫だと思います それが 印心以来の 私の 菜食の体験だと 思います ええ それは本当に 極端な 「菜食」でしたね 私達は推奨しません でもいいですよ ただ普通でいて下さい でも望むなら 時には 断食も 体が重いとか 何か感じた時など  私はいいと思います でも必要ないですよ いいですか 毎日 食べすぎずに 80%食べて 10%液体を飲めば それで十分でしょう ごく普通の食事である べきです 極端に走る 必要はありません 医師が 勧めない限りは 彼は薦めたのですね 随分痩せてます 百日で十分でしょう 本当に多いです いつも何を 飲んでいたのですか オレンジジュース? 人参や ジャガイモ セロリジュースですか ええ それにスプラウトや 小麦のジュース いいでしょう シカゴから来た ケン ウと言います アンソニー ロビンスセミナーに 参加してます(ハーイ) ここにいられて 嬉しいです セミナーのために シカゴを出た時 あなたに会えるとは 思いませんでした あなたは二月に シカゴにいらして 私は逃したからです あなたについての 記事を読み「いつか このマスターに 会えたら素晴らしい」 と言ったものです その後 七月二四日に シカゴの中華街で 街頭市が開かれ あなたの弟子の ブースがありました 初めて何冊かの本を 手にとって見ました そしてあなたの ビデオテープを買って 無料の小冊子を 読んで ベジタリアンに なりたいと すぐに思いました (自分の為に良いです) そして始めて いくつかの苦労が ありましたが 乗り越えられると 思います (とても良いですよ) 私がここにいるのが 魔法のようです 運命が私達や ここにいる人々を 集めたと思います (私もそう思います) そして私の妻も ここにいます 奥さんはどこですか

彼女は懐疑的でした それで言ったんです 「素晴らしい 出来事があるかも しれないから 君も行くべき」と それでここにいます ありがとうございます 彼女を強制しないでね まだ懐疑的ですか 奥さん (いいえ) いいえ 私は誠実です そう見えませんか 私もここにいることを 非常に光栄に思います 私もロビンスの セミナーからです この二四時間の あなたや あなたの教えで 私が気がついたものと 9月間ロビンスの 教えを聞いて 私が知ったものでは 彼が教える 一つのレベルと あなたが教える 他のレベルのものに 多くの類似点が あります なんとか あなたたちが 協力するよう祈ります そして彼の 私を含む多くの学生は 彼は精神世界の 先生でなく心理学者で あるためそのレベルに 限られます しかし彼の学生の 多くは瞑想をするので 彼らがあなたの 話を聞けたら 彼らの多くは完全に 人生を新しいレベルに 入らせることが できるでしょう ここにいる ロビンスからの人が皆 今夜あなたに会うため やって来る際に 我々の運を祈った 瞑想家たちで 来られなかった人を 残念に思います 彼らは あなたと彼や あなたや彼のところの メンバーが ふさわしい時に 集まることを祈ると 私は思います それは神次第です

時には私は非常に 一生懸命に働きます 私が 助けるか何か できると思うからです すると神はやめなさい 忘れなさいと言います それで 私はそれを 忘れて眠ります 難しいことはないです あなたに言いたいのは 神は常に私をだまして どこかに行かせます この会議の初めに 既に 言いましたが 彼は常に私を騙します 彼女は常に私を 騙すので 慣れてます 何でもありません 私はなんでも 常に笑います 分ってますから 神という老人や お婆さん 年とった 母に慣れています

実はちゃんと私には 分かっています ね ですから私が ここに来て あなたの お仲間や先生と 会う機会を逃しても 問題ありません 重要ではありません いいですか 非常に明確に分ります とにかく ありがとう そして私の愛と 先生によろしくと 伝えてください マスター私はハワイの ハワイ島に住んでいて ロビンスの セミナーに出てました 友人とその子どもを 助けていました それであなたの ご意見を伺えないかと 思いまして・・・ ハワイ島にいて 彼らが作物の生産 農業を終わらせ ようとしているのを 見るのは とても もどかしいです 彼らは  島中にビルを 建てたがっていて 変えたがっています コートダジュールや なにかのように それでとても失望して というのは毎回私は 会合に行って 発言を こう試みるのです  「これが他の至る所で 起きた事が 分りませんか」 オアフで起こり マウイで起こり カリフォルニア中で 起きたのです そこは 人々が自然との均衡を 保たなかった地域です 彼らはただ自然を 珊瑚礁 水 全てを 破壊しています 私はとても落胆します 私はイルカと友達 ですから  ハワイ島でイルカと 一緒に泳ぐからです

彼らは海洋に何が 起こるかということを ほとんどをあなたと 交信しているようです 私にとっては 大きな懸念です この海と 何が建つかという事と 開発の全てが 開発は本当にこの島を 変えてしまいます あなたに何かお考えが ないかと思うのですが どうすべきか分らず 失望しています ハワイ島を救うために 何ができるでしょうか せめてこの大地 安全  動物と海洋の 清らかさ 純粋さを 保ちたいのです 地球上での この狂気を 止める事は可能ですか 何をするにも 政治家たちは・・ 彼らはただ政治家を 買収します そして皆 金を撒き 反対投票をします これらの事に関し 本当に悪い事だと 人が指摘したにも かかわらずです 多くの人が他の地から 移って来ました ハワイの様に純粋で 美しい島を求めて いるからです ええ 私もあなたと 同じ懸念があります 先日 ある地元の人と 一緒に朝食を 摂りました 彼は本や雑誌を数冊 買うため私を連れ出し 私は数分間出るだけと 思っていましたが  数冊の本を買ってから 私達はハワイについて 語りました 

私は言いました 私はハワイの 人々に共感します 物事には 常に 良い面と悪い面が あります 例えばこんなことを 語り合いました ハワイには約百年前は まだ女王がいたと 君主制だったかしら
もちろん この世に 完全は決してないです 一つ良いことは 私達の地元の印心者が 語ったことですが 開発されたのは長所で この島は開発されて そして より繁栄もしました また人々は良い教育を 受けました 一方悪い点は 一部のハワイ人が 不当にその土地を 失ったということ 彼らは土地の所有権を 証明できませんでした 彼らの所有する土地の 証書など 以前は 必要なかったのです

近隣の者は皆 その 土地はその人のものと 知っていました 彼らは正直に共存し ただ握手して ビジネスしました 契約書もないし 弁護士も 何もなし  ところがおそらく 他国の人がやって来て 先住民は決して 証明できず ― 彼らの 幾人かは土地が 自分のものと決して 証明できずに 追い出されました そしてホームレスの ようになり 時には非常に悪い 扱いさえされました これらが短所です 現在ハワイ島も同様に おそらく 開発されるでしょう 全世界が楽しむための 非常によく知られた 場所へと その一方で 先住民を犠牲にします あなたに何を言うのが 最善か分りません ただ 地元の人や あなたのような人に 共感する以外には 私はどんな 答えがベストなのか 本当にわかりません お話を続けて頂くのが 最良です たとえ 実りないよう思えても そう せめてそれで 心が安らぎ そして同じ考えの 人々と連絡が 取れるようになります そうすれば お互い慰め合えます よりよい方法か 歩み寄りが見出せる かもしれません モロカイ島も 現代文明に攻撃されて いると聞きました 新たなビルや何かで そうですよね 実際私はハワイ政府に 手紙を書きました

去年か 一昨年ごろに 書いたのですが  もう長いですね こう書きました モロカイは非常に 荒涼とした島で 人は 住まず 小集落が一つ 他の場所と比べて 開発されていない だから開発には とても良く より繁栄する場所に 変えられる さもないと とても美しく大きな 島が もったいないと 以前は 彼らは ハンセン病の人を そこに置いていました また 少数の コミュニティーです 数百人しかいないと 聞いています それについて その島に関する 報告を聞いたので 政府に手紙を書き 言いました「彼らには よい管理者と ノウハウを持つ 技術者が来て開発する ことが必要だ」と 他の島は人が多く 汚染されていますが モロカイは 空いているようなので すると人々は ハワイに迷信があると 言いました 人があえてモロカイに 住まないのは 以前 先祖の墓地だった為と そうではないですか 彼らの情報が正しいか どうか確信がないです そうですか? あまりモロカイに 詳しくはありません (はい 構いません) モロカイでは大きな  水の問題があります 大きな水の問題 水の問題 分りました 地面を掘れば 手に入るでしょう (それは難しいです) モロカイには 水がないのですか (あまり多くないです) しかし 私はそれは 問題ではないと思う 開発されたら  他の島から得られます しかし 彼らはそれに ついて私に答えません これについて 彼らは言います ベトナムの難民を 入らせたら・・と 先祖の埋葬地なので 人々が怯えているので 誰もそこに 住みたがらない という報告を 聞いています そこではよく  何かが起こります 私が聞いたことです 私も地元民でないので とにかく  私はそこが荒地で 誰もそこに 行きたくないなら  なぜベトナム避難民に 与えないかと思い 政府に手紙を書いて 私達に出来ることで 融資します 数に従ってです 彼らが私達のお金では 足りないと言ったら 半分か何かを 融資するのです

でも今 モロカイは 開発されたと聞きます 以前は 誰も開発 したがらず 皆が 出たがっていました それが 私が最近 読んだ新聞によると 今 皆がそこに 入りたがってるのです 違いますか? 地元の人の中には 開発を 望まない人もいます 彼らは言います それが景色を破壊し モロカイの平和な 雰囲気に影響すると 一方で 私はその島の 人々に同情し 一方で 私は よく分りません 時々 私達は 良いものを全世界と 共有しなければならず それは時々 必然であるからです それを平和的に 共有しないなら 時には やむなく乱暴な手段で 共有するかもしれず それはもっと悪いです そうするのは 快い事ではないです こうして世界の各地で 戦争が起きるのです 人々は平和的に 得ることができないと 戦争で強制します それが 国が国に対し 戦う方法です 彼らになく 私達が彼らと 共有しないと その土地を羨みます たぶん神の意志で 私達が好まなくとも 全てを共有せねば ならないのです あなたに良い答えは 差し上げられません 私は地元の人に非常に 同情します それは ホームレスになる ようなものですから 以前は美しい土地を 所有していたのが 突然 ホームレスに なるのです 私は弟子に言いました その日 私と 朝食をとった 地元のハワイ人に 言いました 「覚えていますか 私は嘘を言いません すべては私達が言った 通りです」 彼に言いました 「私には ここの人々の気持ちが よく分る」と 時々 法律は無理に 人々をホームレスに 追いやるので 厳し過ぎ 堅すぎます 例えば 私には土地が あります 四、五年 前に買ったのです 弟子達のためでしたが 彼らは 利用できませんでした

それで私は来ました 約束したので  とにかく 彼らに 別の土地を買いました 私は約束を 破ることができません その土地は トレーラーの駐車も できませんでした

法律のためです 私はこの法律が 正しいか知りません 法を代表する人は 権威があることを 示すため 面白半分に 面倒を起こします トレーラーは車の一種 自分の土地にも 駐車できないなんて 厄介です そのためにお金を払い 毎年 税を納め 四年間そこに いませんでした 四年おきに 来るだけでした しばらくそこに留る為 トレーラーを置くこと さえできませんでした

彼らはやって来て 電気を引き抜くべき だと言いました 電気は隣と共用で 合法です 半分づつ使います いいけれどできません 電気を引き抜き全ての トレーラーは出せない そこには何もなく 「あなたは先ず家を 建てねばならない」 しかしその前に 道を敷設すべきです」 16万ドルかかります でも 道は すでにあります 彼らはその道に 満足しません その道はあまりに狭く あまりに高い あなたはもう一つの 道を敷設すべきです 私達はすでに何カ月も 上がったり下ったり して問題ないのです まあ いいでしょう 私は16万ドル都合 できますが払いません 何百本もの木を切って 美しい土地を もう一つの道のために 破壊したくありません 私は言いました 「忘れましょう よしましょう その土地もいらない

ただそこに残して おきましょう 環境を保つために なぜなら 私の土地の周囲には 木がないからです 火事か台風で 破壊されたのか・・・ 私達の所だけが 青々と茂っていたので 保ちたかったのです 私は半本の木も 切りたくありません と言いました 私は切りません と そんな道を作るには 何百本もの木を 切らねばならず 一本の木を育てるのに 数百年もかかります それに環境はすでに とても乾いています 私の家を建てるために これらの木を切って 来年数十億の雨滴が 減ると思うと 心が痛みました 私は家さえ必要ない 法律は良いですが 法律は市民を保護する のであり市民が法律を 保護するのではないと 彼らは知るべきです このように誰もそこに 住む余裕がありません それは40エーカーの 土地です むだです 誰も住めません トレーラーさえ トレーラーは移動 住宅ではありません 車のように小さいのに 自分の土地に車を 駐車できないのです 多くの米国人が ホームレスを

 
全ての番組を検索
 
 
一番人気
 道士 柴 鄭 珍の物語 2/2 二〇〇八年九月九日
 指導者の本拠のための吉祥地、世界平和への恩恵 1/2 二〇一一年八月二四日
 私達の未来を守る指導者たち:気候変動の速度と優先事項1/7 英国 二〇一〇年十一月三日
 黄金時代への人類の跳躍 -ワシントンDC気候変動会議 第一部/10  二〇〇九年十一月八日米国
 「子供達の健康と持続可能な地球」済州島国際会議 第一部/8 二〇〇九年九月二一日 韓国 済州島(英語)
 美しい星への解決法 1/9 二〇〇九年八月十五日 タイ ノンタブリー
 地球の結束:共に生命を救う 第一部/8 二〇〇九年十月三日 香港
 在世の生けるメシア 1/4 米 、ハワイ 一九九四年九月三日
 Save Our Earth Conference 2009 P 1/9 - April 26, 2009 Seoul, South Korea
 国際人権会議 1/5 一九九四年五月二五日フォルモサ(台湾)台北(中国語)